• メニューは7つのグループ(SCADA、ファイル・シート、編集、ユーティリティ、表示、カスタマイズ、About)で構成されます。
  • SCADA(スキャダ)は、「SuperXLe for SCADA」の追加オプションです。

リボンメニュー(左側)

リボンメニュー(右側)

  • 各機能の実行時に表示されるポップアップのオプション設定等は、次回呼び出し時のデフォルトになります。
  • 情報は「個人用テーブル」に記録されて他のPCへのポーティングが可能です。
  • 本アドイン最大の特長です。

機 能 一 覧

(*)(**)付はお勧めの機能ですので是非一度お試し下さい。
特に(**)付は、コンパクトで汎用性が高く、きっとご満足頂けることと思います。

備考欄に「テストデータあり」は、「テストデータ」フォルダにサンプルデータが入っていますので各機能の確認にご活用下さい。
各ダイアログボックスから呼び出し可能です。 (V7.00)

「便利ツール」としてフリーソフトを同梱してご利用可能としています。
甲乙をつけるのはおこがましいので全て(*)表示にさせて頂いております。今後も有効なツールを追加予定です。


ファイル ・ シート

編  集

ユーティリティ

表  示

カスタマイズ

SCADA(スキャダ)

  • SuperXLeは、SCADA*ユーザ(特にWonderware 社InTouch、System Platform、InduSoft)のTag/スクリプト編集を効率アップする機能を搭載しており、SCADAから出力されるTagリスト(CSVファイル)をExcelに取り込んで容易な編集が可能になります。
  • SCADAにTag登録が可能なCSVファイルを出力します。
  • Tag編集に有効なユーティリティやSCADA間のTagリスト変換機能もサポートしています
三菱電機ホームページより

*SCADA(Supervisory Control and Data Acquistion:スキャダ)は、 PCやタブレット、スマホ等の画面上で開発/製造設備や生産ライン、各種インフラ(電気、ガス、水道等)などのプラントの監視制御をグラフィカルに行い、リアルタイムの実績データを収集し、その管理や分析機能などを提供する、産業オートメーションの現場向けのシステムです。 また、ビル、発電所、電気、ガス、水道、通信などの幅広いインフラ管理にも使用され、なくてはならないシステムです。 最近では、IoT:Internet of Things(モノのインターネット)によるシステム管理の中核としてSCADAが注目を集めています。

About